任意売却無料相談

安易に任意売却の無料相談をするのは危険です。
任意売却が得意な不動産屋に相談すれば、すぐに売ったほうが良いと進められますし弁護士に相談すれば、自己破産などの法的な手続きを進められます。
相談する相手の業種によって、言うことがまちまちな業界なのです。
まだ、家を手放さずに済む人や自己破産までしなくても良い人が、こうした業者の餌食になっているのを何度も見てきました。
まずは、家を売らずに済む方法を真剣に考えてくれる人に相談してください。
大切な自宅です。住宅ローンが滞納してしまったからといって簡単にあきらめないでください!
専門家の立場から一緒に売らずに済む方法を考えてくれる機関があります。
まずはそちらの無料相談を利用してみてください。
きっと他の専門家と相談した内容とは違う対応を実感することができると思います。

 

任意売却無料相談を上手に利用する方法

任意売却の専門家

任意売却について無料相談できるサイトは沢山あります。
同じ任意売却の無料相談に乗ってくれる専門家と書いてあってもいろいろな専門家がいます。
あなたが相談している専門家はどれに当たるのかを十分に理解したうえで相談してください。

 

不動産業者と法律家のネットワークを持った団体

最近、任意売却する方が増えたということもあって、こうした専門家のネットワークを有した団体がいくつか出てきました。
この団体の特徴は、ネットワークの会員業者から会費をもらって運営しているので、不動産業者の利益や法律家の利益に偏ることが無いということです。
相談者にとって、どの専門家を紹介したらよいかを判断してくれるコンシェルジュのような役割をしてくれます。
これらの団体を選ぶ際には、任意売却の経験やリースバックに協力してくれる投資家とのネットワークがどの程度あるのかを確認してみてください。
そして、任意売却無料相談に電話をして、どのような解決方法を提示してくれるのかに注目してください。
大した話しも聞かないうちから、売却や自己破産を勧めてくるようなら注意が必要です。

 

任意売却無料相談に乗ってくれる団体はこちら

日本法規情報

 

法律家

弁護士や司法書士・行政書士が相談に乗っているところもあります。
法律家の場合は、自己破産や民事再生をする際に不動産業者と連携することがあり、そのネットワークを生かして任意売却の相談に乗っているところもあるようです。
しかし、任意売却というのは入り口で、彼らは自己破産や民事再生などの法的な手続きをしなければお金になりません
非常にもっともらしいことを言うのが職業ですから、すぐに自己破産や民事再生の話をし始めるようなら注意したほうが良いでしょう。
法律家の理論からすれば、どうせ自己破産するのだから家が高く売れようが安かろうが一緒です。
順序としては、家を残したり自分で債務を整理する方法がないとわかってから法律家に相談するのが良いと思います。
いきなり法律家に相談するのだけはやめたほうが良いでしょう。

 

法律家への任意売却無料相談はこちら
債務整理の無料相談窓口

 

 

不動産業者

一般的な宅地建物取引業主任者の資格を持っている不動産屋のことです。
任意売却で処分することになると、早く処分することが優先されるので、金額を抑えてでも早く売却することになります。
不動産業者にとっては非常に早く片付く効率の良い物件なのです。
銀行などの債権者との交渉には経験が必要になりますが、多少の経験がある不動産業者であれば任意売却を引き受けてしまいます。
相談する際には、どの程度の経験があって、どのような解決策を提示してくれるかをしっかりと確認しましょう。
とにかく早く売ったほうが良いという業者には要注意です!

 

不動産業者の無料相談はこちら
任意売却・価格査定.com