任意売却無料相談

任意売却後のローンの返済はどうなる?

任意売却が行われる場合には、通常、物件の売却価格がローン残高を下回っています。言い換えると、物件を売却して得たお金を全額、ローンの返済に充てても、ローンがまだ残っているはずです。

 

この残ったローンについてですが、住宅ローンの契約の中に普通は担保物件(つまり住宅)を売却した際には、残った債務を一括して返済するという一文が入っています。従って、契約上は、残った住宅ローンを、一括して(つまり売却と同時に)、返済しなければなりません。

 

 

返済されない場合には給与、預金の差し押さえを住宅ローンの貸出人は行うことが可能です。

実際の住宅ローン残債の支払い

ただ、残った住宅ローンを一括して返済できるくらいであれば、そもそも任意売却を行うことはありません。従って、一括返済は現実には実行不可能なことが大半です。また住宅ローンの支払いが滞っている債務者に差し押さえ可能な給料、預金があるということもあまりありません。

 

 

そのため、任意売却と合わせて住宅ローンの貸出人との間で、交渉により、残ったローンの返済について決めることとなります。保証会社等が住宅ローンを保証している場合には、任意売却の段階で保証会社等による保証履行が行われている(あるいは予定されている)ことも珍しくないため、保証会社と交渉することも多々あります。

債権者との残債についての交渉項目

ここで交渉する事項は(住宅ローンの残債権については)、大きく、(1)毎月いくらを、(2)いつまで払い続けるか、の二つになります。

 

 

この毎月の支払額は、任意売却後、通常は賃貸物件に住まわれることになると思いますので、その賃借料を考慮してご検討される必要があります。