【任意売却無料相談】任意売却は会社へばれずにできるのか?

任意売却は会社へばれずにできるのか?

任意売却が会社に知れるかどうかは、
(1)会社が住宅ローンに関与しているか(社員向けの貸付等を利用しているか)、
(2)会社が金融機関や与信機関(貸金業者や保証会社)かどうか、
によっても変わってきます。

 

(1)の場合は会社へ知らせずに任意売却を行うことは困難です。
しかし、(2)は後述の通り会社が調べれば露見する可能性はあるものの、通常は調べられることはありません。
いずれでもなければ通常は知られることはありません。

会社にばれず安心

任意売却ではなく、通常の住み替えのため、自宅を売却することがあります。

 

この場合、会社へは引越しの手続きをされるでしょうし、通勤経路の変更を伝える必要があると思います。任意売却は、この住み替えのために住宅を売却することと、金融機関との交渉が必要なことを除けば、なんら変わりがありません。

 

自宅を売却して住み替えたのか、従前の自宅を保有したまま賃貸し、新しく住宅を購入したのか、他人から知ることはできないのです。

 

 

また、任意売却の場合には、転居先が賃貸になるケースが多く、理由を聞かれることがないわけではありません。

 

ただ、持ち家を売却して賃貸に住み替える人は珍しいものの、皆無というわけではないので、引越しが好きな人なんだなあと思われるくらいで、任意売却であることが知られる可能性はほとんどありません。

 

任意売却時には金融機関との交渉により債務の一部減免や期間の延長を行うケースがあり、この場合には信用情報に登録される可能性があります。

 

しかし、これも本人が会社に信用情報の照会を許可しない限り会社が一方的に見ることはありません。

 

そもそも、社員が家を売却したから、その社員の信用情報を確認しておこう、という会社はまずありません。