【任意売却無料相談】親が住宅ローンを返済できない

親が住宅ローンを返済できない

親が住宅ローンを返済できなくなった場合、その後のシナリオがいくつか考えられます。

 

一つはそのまま親が破産する場合です。
この場合、子供には親の債務を弁済する法的な義務はありませんので、そのまま自宅が競売なるシナリオが考えられます。

 

 

親が住宅ローンを返済できないまま亡くなるシナリオもあります。
この場合には、相続することで住宅と債務を引き受けることもできますし、相続放棄し、住宅も債務も引き受けない、ということもできます。
相続放棄した場合には、親の破産と同様、競売になるシナリオが考えられます。
住宅ローンによっては生命保険が付いており、死亡と同時に保険金で残債務が返済される場合もあります。

親の債務を肩代わりするシナリオ

さらに、子供が親の債務を肩代わりするシナリオもあります。これは、いくつか方法はあります。
一つには親の住宅ローンの弁済を援助するように親にお金を渡すという方法があります。
もう一つ、親子間で住宅を売買した上で、子供が別に住宅ローンを借りて債務者となり、自分で債務を返済する方法もありえます。

 

この親子間売買については、購入した子供が住宅ローンを借りられる可能性が低いことがネックになります。
ただ、実際に都銀で子供に住宅ローンを貸し出したケースがあり可能性が皆無ではありません。

 

この親子間売買を間接的に実現する方法として、第三者が一度住宅を買い取った上で更に子供が住宅を再取得する方法もあります。
この方法で、子供が住宅ローンを借りることができるケースもあります。