【任意売却無料相談】任意整理を利用

貸金業者からローンを借りている

任意整理が多く貸金業者からのローンについて、利息制限法を超過した利息分の減額を目的として使われている原状からすると、任意整理を利用した方が良いのは以下のような人になります。

 

(1)貸金業者からローンを借りている貸金業者以外の、例えば住宅ローン等については、そもそも利息制限法を超過している可能性は限りなくないため、任意整理によって債務が縮減されない可能性が高いです。

 

なお、貸金業者からの借入期間が長ければ長い程、利息制限法に基づく債務の縮減額は大きくなります。

 

 

この借入期間は初回の借入時から計算されることになります。

過払金の返還請求も併せて行いたい ・債権者からの取立てを一刻も早く止めたい

(2)過払金の返還請求も併せて行いたい

 

特定調停と任意整理の一番の違いはこの過払金の扱いにあります。

 

特定調停では過払金の取り戻しについては考慮されないのに対して、

 

任意整理では過払金の請求を併せて行うことができます。

 

(3)債権者からの取立てを一刻も早く止めたい

 

任意整理を専門家に依頼して、

 

受任契約を結んだ段階で専門家から債権者に通知がなされ、

 

その通知以降は債権者からの取立てが止まります。

 

他の債務整理でも裁判所からの通知によって取立てを

 

ストップすることができますが、裁判所への申し立ての書類を準備するのに

 

時間がかかる上、裁判所も即日債権者に通知を出すわけではありません。

 

より早く取立てを止めたい人は任意整理を検討してみるといいでしょう。