【任意売却無料相談】任意売却のタイミング

任意売却のタイミング

任意売却する際に大事なのはタイミングを選ぶことです。

 

それは早期に任意売却を行おうと思っても債権者の許可が必要な為、現実的に困難な為です。

 

タイミングによって任意売却ができるかできないかを考えてみようと思います。

 

任意売却までの順序

勘違いしている方が多いのが、任意売却とは順序を踏まないと手続き自体進められないものです。

 

まずは住宅ローン支払いの、先の見通しがたっていない場合は、借入している金融機関に相談に行きましょう。

 

そこで、支払いの見直しについて相談し、解決する場合もあります。

 

そこで具体的な解決策が見いだせない場合、ローン滞納がひとつの分岐点です。

 

そして専門業者に相談に行くことをお勧めします。

 

ローン滞納後、支払い催促通知が送られてきて、期限の利益喪失が行われ、そこでやっと任意売却についての手続きが開始されます。

 

ここで心配されるのが、信用情報機関に登録されないのか。

 

答えは、いわゆるブラックとして登録されます。

 

任意売却を行った場合には5年から7年は新しい貸付が受けられないとお考えください。

 

ただし例外もあるようなので、貸付が可能の場合もあります。

気を付けなければいけないこと

任意売却を行う際に気を付けなければいけないのは、タイミングや条件が揃わないと任意売却自体できない場合があります。

 

そうならないよう、必ず専門業者に相談に行くことをお勧めします。

 

タイミングはあなたの都合で待ってはくれないのです。